新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う活動休止について

【新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う活動制限と一時休止について】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各地域で発令された緊急事態宣言を鑑み、FC徳島トップチームの活動を一時休止することを決定致しました。
この決断に至るまで多くの葛藤がありましたが、まずはクラブを支えてくださっているファン・サポーターのみなさまとスポンサー企業など関係者のみなさまや選手・スタッフとその家族、すべての方々の健康と安全を守るために活動を一時休止する判断となりました。

サッカーをするために全国から集まっている選手たちにとって、練習が制限され、試合がいつ行われるのかわからない状況は精神的負担も大きく、本当に大変な事態であると認識しています。今後は選手一人ひとりに向き合いながら、それぞれが高い意識で感染拡大を抑えるために何を最優先にすべきかをクラブとして真摯に取り組んでいきたいと思います。そして、この取り組みこそが選手がプロ選手を目指す過程において成長の糧となることを願っています。

 

【チーム活動制限】令和2年4月9日(木)から5月6日(水)

 1.クラブハウスの閉鎖(選手の利用禁止) ※レンタルコートの受付業務は継続して行います。

 2.人数分散によるトレーニング

 3.緊急事態宣言の発令地区への往来や交流の自粛

 (やむを得ない往来や交流を制限するものではありませんが、該当する選手、スタッフについては2週間程度の全体合流を禁止します)

 

【チーム練習の休止】令和2年4月13日(月)から4月20日(月)

 1.全体練習を休止(選手個々での練習は制限しない)

 

我々にとって大切な街である徳島が感染の渦に巻き込まれないように、一丸となってこの苦境を乗り越えていきましょう。

この試練を乗り越えた先に、選手、スタッフをはじめクラブに関わる全ての皆様が笑顔で安心して暮らせる日々がくるように願っています。
クラブは今後も公式戦再開に向けてリーグおよび関係機関とともにあらゆる努力を重ねてまいります。一日も早く事態が終息し、みなさまがサッカーを観戦できる環境を取り戻し、笑顔でお会いできることを楽しみにしております。

 

FC徳島 代表 笠井泰嘉

2020年04月09日