緊急事態宣言発令に伴うFC徳島の対応について

緊急事態宣言発令に伴うFC徳島の対応について


この度、政府から発令された緊急事態宣言を受けて、本日4月17日21時30分から全選手、スタッフが各自宅から参加によるTV会議を開催し、以下の通り決定しましたのでお知らせ致します。

【活動休止期間の延長】
当初予定していた4月20日までを
緊急事態宣言が明ける5月6日まで延長

【休止期間内の取組み】
①チーム練習の休止
②FC徳島スポーツパークの閉鎖
③主催するサッカースクールの休止

選手の健康と選手の家族や友人への配慮を最優先とし、地域や社会から求められている役割の一端を担える様に
「我々自身が率先して感染予防に取り組もう」と選手から出た意見を集約し、今回の決断に至りました。

この決断をしてくれたFC徳島の選手、スタッフ全員を誇りに思います。

この困難が、選手のモチベーションや意識の低下に繋がることの無いように、選手個々と向き合いながら今後もサポートしていきたいと思います。
そしてクラブにとっては経営を根幹から揺さぶられるほど最大の危機を迎えていますが、選手と共に一丸となって必ずこの苦難を乗り越えます。
ともに闘いましょう!

FC徳島 代表 笠井泰嘉
2020年04月17日